温厚質実 - ここからはじまる、ハートのこもったデイサービス。 -

からふる デイサービス

楽しみながら、子供たちの可能性を引き出すスペースです。チャレンジする楽しさ、できた時の喜びをたくさん経験できるよう、お手伝いさせていただきます。

CLICK CLICK

からふる ドロップ

からふるドロップには、子供たちひとりひとりが活躍できる場面があります。自信・特技を活かせる環境を大切にし、助け合える人間関係づくりを目指しています。

合同会社からふるケア
からふるデイサービス

からふる デイサービス

ひとりひとりの個性を大切に伸ばします。みんなで一緒に楽しく学ぼう!

からふるデイサービスは、楽しみながら子供たちの可能性を引き出すスペースです。
チャレンジする楽しさ、できた時の喜びをたくさん経験できるよう、お手伝いさせていただきます。

からふるデイサービスで学べること

  1. 友情を育む
  2. 多様な経験を
  3. 感じる力を養う

小集団の中で、楽しみながらお友達との関係を育みます。得意なことを伸ばし、難しい事はスモールステップで。チャレンジする力を養います。お子さまにとって、多様な経験を積むことができます。季節のイベントや未体験の事を経験し、いろいろなことを感じる力を養います。

からふるデイサービスのC-プログラム一覧

就学を目指した取り組み

お子様の発達段階に合わせて、苦手なこと、わからないことを、小集団の中でひとつずつ練習しています。得意なことを伸ばし、できることを増やす! 将来、自立して生活していけるように、未就学のお子様への療育を大切にしています。

プログラムのPOINT 得意な事を伸ばし、就学後にできることを増やす。

SST ソーシャルスキルトレーニング

SSTは、お友達との間に起きた問題を、解決することを目指しています。①まず立ち止まって考える ②何が問題かを考える ③問題解決の為にいくつかの案を考える ④その案について実行できるか、問題を解決できるか考える ⑤どの解決策にするか決める ⑥実行する...の①から⑥を繰り返し、問題にぶつかった時に子供たち自身が沢山の解決方法を導き出せることに期待しています。

プログラムのPOINT 対人スキルの向上 / 考える力を養う

ことばの数を増やす

特に大切にしていることは、”わかること”、”わかることばを増やすこと”です。言葉を話せるようになるには、<たくさん見る><たくさん触れる><たくさん嗅ぐ><たくさん聞く><たくさん味わう>ことが大切です。こういった方法で”物”を理解し、”ことば”として話せるようになるよう、トレーニングします。

プログラムのPOINT わかる言葉が増える。

キッズヨガ

ヨガを通して子供たちが良い姿勢を保つ筋力や、集中力などを養い、新しいことに積極的にチャレンジして行けることに期待しています。自分の身体を知り、仲良くなるということを覚えることで、心の変化を感じることができ、自分はこうしたい、自分はこなりたい、というイメージをしっかり持てるようになっていくと考えています。自分の理解は他人への関心や興味に繋がっていき、周りの人や生き物とのより良い関係を築いていくことを目指します。

プログラムのPOINT 身体の柔軟性やバランス、集中力が身につく

生活における基本的習慣の習得

トイレでの排泄、身の回りの整理、衣服の着脱、お片づけなど、身辺自立を促すための練習をします。お子様の成長に合わせ、スモールステップでできた!という達成感を養えるように工夫しています。トイレトレーニングの時期や方法など、ご家族様と連携を取りながら進めています。

プログラムのPOINT 家庭で活躍できる力を身につけます。

ランチトレーニング

準備・片付けなどの生活習慣を育むとともに、集団生活に向けて、座って食べる、食具を使って食べる練習をしています。

<姿勢・手の使い方チェック>
食べる時の机の高さはどうか、手を使いやすい姿勢かどうか、食具の持ち方はどうかをチェックし、手の発達に合わせ持ち方もどんどん変えて行きます。

<食具>
お子様の手の使い方、食べ方をチェックし、必要であれば自助具を作成しています。楽しく食事をしながら、無理なく手元の練習をしていくことを大切にしています。

<お箸>
スプーン・フォークを卒業し、お箸を使う時期などをアドバイスしていきます。お箸の練習初期には、お弁当のごはんをひとくちサイズのおにぎりにして貰うこともあります。ご家族の方と相談をさせていただきながら、無理のない範囲で進めていきます。

プログラムのPOINT 家庭で活躍できる力を身につけます。

BE HEARTFULL 私たちに、お任せいただける理由があります。

大事なお子様を預ける時間が多いほど、安心してお任せいただける環境が必要となります。からふるケアには、有資格者を含めたスタッフが常駐。ひとりひとりがプロフェッショナルであることの意識を持ち、お子様と日々向き合っています。

からふるケアの有資格

児童発達支援管理責任者、特別支援学校教論一種免許、小学校教論二種免許、幼稚園教論二種免許、中・高教論一種免許、保育士資格、理学療法士、介護福祉士、作業療法士、強度行動障害支援者、全身性障がい者移動支援従業者、重度訪問介護従業者養成研修、介護職員初任者研修、難病患者等ホームヘルパー、全身性ガイドヘルパー、管理者、児童指導員、介護職員実務者研修、同行援護一般・応用従業者、行動援護従業者、キッズヨガインストラクター、日本こどもフィットネスインストラクター

からふるデイサービスでは、子供たちに色々な経験をしてもらうことを大切にしています。様々なことを感じ、自分で気づくきっかけづくりをお手伝いします。楽しみながら、身辺自立、コミュニケーション力、社会性を育めるよう、サポート内容や活動内容をスタッフ全員で考え、工夫しています。

お子様にとって1番の仕事は”あそぶ”ことです。楽しく、遊び感覚で机上活動(手を使いやすい姿勢を保つ、集中力を養う)に取り組めるよう、活動内容を工夫しています。

SSTとは、社会で人と人とが関わりながら行きていく為に欠かせないスキルを身につける訓練のことです。”できること”を増やし、より生活しやすく、お友達との関係を円滑に育むことを目指します。困った時助けてほしい時など、どう伝えると相手に理解してもらえるか、考える力を養います。

いろいろな物に触れ、子供たちが自身で感じることを第一に、そこには必ず”ことば”を添えながら関わることを大切にしています。また、写真や絵本などで視覚的に物を見ることも促しながら、わかること、わかる言葉が増えるように工夫をしています。

キッズヨガを続けることで、柔軟性やバランスが身につきます。そのほかに、集中力が身につく、良い姿勢を保てる筋力がつく、免疫力がアップする、心が穏やかになり物事に前向きになるなど、子供たちに取ってプラス要素の多いプログラムです。

からふるデイサービスでは、お子様の成長に合わせ、ひとつでも自分でできることが増えるようにサポートをさせて貰っています。おうちでの様子なども聞かせて貰いながら、みんなでお子様の成長をバックアップします!”できた”ことがあった時は、保護者様とスタッフで大喜びしています。

お箸を使えるようになるには、手の使い方の発達段階があります。「今どの段階かな?」と見極めながら、無理のない範囲で手先の練習を進めています。

有資格者の詳しい情報は、こちらからご覧いただけます。

からふるデイサービスを受けた保護者さまの声

感想:鉛筆のもちかたやお箸のもちかたなど、こどもたちみんなで取り組んでいるので、集中力が身についていると思います。就業にむけてできることが増えるのはうれしいこです。 結果:集中力がついて就学への準備もしっかりとできた!
感想:鉛筆のもちかたやお箸のもちかたなど、こどもたちみんなで取り組んでいるので、集中力が身についていると思います。就業にむけてできることが増えるのはうれしいこです。 結果:集中力がついて就学への準備もしっかりとできた!
感想:鉛筆のもちかたやお箸のもちかたなど、こどもたちみんなで取り組んでいるので、集中力が身についていると思います。就業にむけてできることが増えるのはうれしいこです。 結果:集中力がついて就学への準備もしっかりとできた!

過去の利用者満足度調査結果

過去の利用者様からも高い満足感を感じていただいております。お子様はからふるデイサービスを楽しみにしているかという項目では100%、からふるデイサービスの支援に満足しているかという項目は90%と、非常に高い支持をいただいております。

子どもの活動等のスペースが十分に確保されているか 10人
100%
0人
0%
0人
0%
0人
0%
事業所の設備等は、スロープや手すりの設置などバリアフリー化の配慮が適切になされているか 8人
80%
1人
10%
0人
0%
1人
10%
子どもと保護者のニーズや課題が客観的に分析された上で、放課後等デイサービス計画※1が作成されている 9人
90%
1人
10%
0人
0%
0人
0%
支援の内容、利用者負担等について丁寧な説明がなされたか 10人
100%
0人
0%
0人
0%
0人
0%
日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解ができているか 10人
100%
0人
0%
0人
0%
0人
0%
子どもや保護者との意思の疎通や情報伝達のための配慮がな されているか 9人
90%
1人
10%
0人
0%
0人
0%
個人情報に十分注意しているか 8人
80%
0人
0%
0人
0%
2人
20%
子どもは適所を楽しみにしているか 10人
100%
0人
0%
0人
0%
0人
0%
事業所の支援に満足しているか 9人
90%
1人
10%
0人
0%
0人
0%
※1 放課後等デイサービスを利用する個々の子どもについて、その有する能力、置かれている環境や日常生活全般の状況に関するアセスメントを通じて、総合的な支援目標及び達成期間、生活全般の質を向上させるための課題、支援の具体的内容、支援を提供する上での留意事項などを記載する計画のこと。放課後等デイサービス事業所の児童発達支援管理責任者が作成する。
有資格者の詳しい情報は、こちらからご覧いただけます。 有資格者の詳しい情報は、こちらからご覧いただけます。
合同会社からふるケア
からふるドロップ

からふる ドロップ

発達にお手伝いが必要な子どもたちのための、”習い事教室”のようなスペースです。

からふるドロップには、子供たちひとりひとりが活躍できる場面があります。
自信・特技を活かせる環境を大切にし、助け合える人間関係づくりを目指しています。

からふるドロップで学べること

  1. 生活習慣の習得
  2. 就業体験
  3. 買い物学習

小集団の中で、楽しみながらお友達との関係を育みます。得意なことを伸ばし、難しい事はスモールステップで。チャレンジする力を養います。お子さまにとって、多様な経験を積むことができます。季節のイベントや未体験の事を経験し、いろいろなことを感じる力を養います。

からふるドロップのC-プログラム一覧

"就業"を目指した取り組み

週に2〜3回、就業に向けた作業訓練の時間を設けています。ボールペンの組み立て・解体、スウェーデンししゅう、洗剤ボトルの組み立て、割り箸の袋詰めやひもむすびなど、集中力と仕事の持続力を高める作業を取り入れています。また、実際の出勤のようにタイムカードを使い、お給料(お給料分のおやつ)も受け取れて、やりがいを持って体験でき、モチベーションにしっかり繋がっています。

<作業内容一覧>
ペンのためしがき、箱詰め、割り箸の袋詰め・外袋詰め

プログラムのPOINT 友達と声をかけあいながら、就業に向けた作業体験ができる。

生活における基本的習慣の習得

身のまわりの整理、着替え後の衣服の整理、洗濯、片付け、洗い物、掃除をする力を身につける取り組みを毎日行なっています。ご家庭で、家族の一員としてお手伝いをすることで、親子のコミュニケーションにも繋がると考えています。

プログラムのPOINT 家庭で活躍できる力を身につけます。

買い物学習

クッキングの食材や工作で使う材料など、子供たちが決められた予算の中で商品を選び、計算しながら予算内に収まるかを考える事で、施設の外で自立してお買い物ができるようになることを目指しています。

プログラムのPOINT 基本的なお金の使い方が身に付く。

おでかけ体験

一例としてボーリング、カラオケ、近くの公園から少し離れた広場までおでかけします。たくさん体を動かし、社会体験や地域活動にも参加します。野外活動では自炊等の体験もします。積極的におでかけをすることで、余暇を楽しく過ごせるようになり、且つ社会のルールが身につきます。

プログラムのPOINT 普段と違った体験をすることで好奇心を満たします。

からふる夏祭り

毎年7月にある三社神社の夏祭りに合わせて、ドロップもドリンク販売をメインに出店しています。数種類のドリンクを地域のお客さんに向けて販売します。「いらっしゃいませ! ありがとうございました!」と伝わるように大きな声での接客に加え、商品の渡し方、お金の受け取りかたや、売ることが出来た時の達成感を経験できます。子供たちは就業前に経済の仕組みである「働く→お金を得る→好きな事や買い物ができる」という一連の流れを体感し、経験できるとともに、地域交流にも繋がっています。

プログラムのPOINT 就業前に経済のしくみを経験し、体感できる。

BE HEARTFULL 私たちに、お任せいただける理由があります。

大事なお子様を預ける時間が多いほど、安心してお任せいただける環境が必要となります。からふるケアには、有資格者を含めたスタッフが常駐。ひとりひとりがプロフェッショナルであることの意識を持ち、お子様と日々向き合っています。

からふるケアの有資格

児童発達支援管理責任者、特別支援学校教論一種免許、小学校教論二種免許、幼稚園教論二種免許、中・高教論一種免許、保育士資格、理学療法士、介護福祉士、作業療法士、強度行動障害支援者、全身性障がい者移動支援従業者、重度訪問介護従業者養成研修、介護職員初任者研修、難病患者等ホームヘルパー、全身性ガイドヘルパー、管理者、児童指導員、介護職員実務者研修、同行援護一般・応用従業者、行動援護従業者、キッズヨガインストラクター、日本こどもフィットネスインストラクター

子供たちが社会の一員として、少しでも活躍できるようにサポートを日々行なっています。一緒に楽しんで、一緒に笑って、子供たちの毎日の生活がより豊かで充実したものになるよう、支えてゆければと思います。

ドロップが子供たちに安心して過ごせる居場所のひとつとなるよう、丁寧な支援を心がけています。楽しい時も、そうでない時も。側に寄り添える身近な大人として、心のサポートができるよう努めています。

明るく笑顔を大事にして、子供に寄り添った支援を心がけています。子供と一緒に身体をたくさん動かし、ひとりひとりの個性を伸ばし、できる事を増やすことで、将来への自立へ繋がるようサポートします。

有資格者の詳しい情報は、こちらからご覧いただけます。

からふるドロップを受けた保護者さまの声

感想:鉛筆のもちかたやお箸のもちかたなど、こどもたちみんなで取り組んでいるので、集中力が身についていると思います。就業にむけてできることが増えるのはうれしいこです。 結果:集中力がついて就学への準備もしっかりとできた!
感想:鉛筆のもちかたやお箸のもちかたなど、こどもたちみんなで取り組んでいるので、集中力が身についていると思います。就業にむけてできることが増えるのはうれしいこです。 結果:集中力がついて就学への準備もしっかりとできた!
感想:鉛筆のもちかたやお箸のもちかたなど、こどもたちみんなで取り組んでいるので、集中力が身についていると思います。就業にむけてできることが増えるのはうれしいこです。 結果:集中力がついて就学への準備もしっかりとできた!

過去の利用者満足度調査結果

過去の利用者様からも高い満足感を感じていただいております。お子様はからふるドロップを楽しみにしているかという項目では100%、からふるドロップの支援に満足しているかという項目でも100%と、非常に高い支持をいただいております。

チェック項目 はい どちらとも
いえない
いいえ
子どもの活動等のスペースが十分に確保されているか 12人
92%
1人
8%
0人
0%
職員の配置数や専門性は適切であるか 12人
92%
1人
8%
0人
0%
子どもと保護者のニーズや課題が客観的に分析された上で、放課後等デイサービス計画※1が作成されている 13人
100%
0人
0%
0人
0%
支援の内容、利用者負担等について丁寧な説明がなされたか 13人
100%
0人
0%
0人
0%
日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解ができているか 13人
100%
0人
0%
0人
0%
個人情報に十分注意しているか 12人
92%
1人
8%
0人
0%
緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアルを策定し、保護者に周知・説明されているか 13人
100%
0人
0%
0人
0%
子どもは適所を楽しみにしているか 13人
100%
0人
0%
0人
0%
事業所の支援に満足しているか 13人
100%
0人
0%
0人
0%
※1 放課後等デイサービスを利用する個々の子どもについて、その有する能力、置かれている環境や日常生活全般の状況に関するアセスメントを通じて、総合的な支援目標及び達成期間、生活全般の質を向上させるための課題、支援の具体的内容、支援を提供する上での留意事項などを記載する計画のこと。放課後等デイサービス事業所の児童発達支援管理責任者が作成する。
有資格者の詳しい情報は、こちらからご覧いただけます。 有資格者の詳しい情報は、こちらからご覧いただけます。